精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

白髪は抜くと増えるのか

増えません。

  1. 白髪が気になる
  2. 白髪を抜くとどうなる
    1. 毛抜きのダメージ
  3. 如何すれば白髪を黒髪に戻せるか?

白髪が気になる

白髪が一本、黒髪の中に発見。

気になりますよね。

白髪を人に見られたくない。

真っ黒でいたい、白髪は一本でも目立つから、遂、抜いてしまいます。

 

白髪を抜くとどうなる

「白髪は抜くと増える」「抜くと白髪は生えてこなくなる」というウワサを耳にする方もいるかもしれませんが、抜くことでどんな影響があるのか知っていますか?

「白髪は抜くと増える」「抜くと白髪は生えてこなくなる」は、全くの都市伝説です。

白髪を抜かないと、白髪が増えるのが止まった人がいますか?

居ませんよね。

 

また、白髪を抜いても、白髪が増えるのは、老化が進んだ結果ですから、とても自然で当たり前のことです。

それを「白髪は抜くと増える」と勘違いしてしまう人は居るでしょう。

 

白髪は抜いても、抜かなくても老化と共に増えます。

白髪を抜いても、また、生えてくる髪は、白髪です。

 

私は、既に白髪だらけですから、抜くのはとっくの昔に諦めているのですが、

気になって抜いている人は、今日から抜くのを止めた方が良いですよ。

 

毛抜きのダメージ

毛抜きで脱毛をすると、お肌にはどのような事が起きているでしょうか?

無理やり毛を抜く事により、毛穴や皮膚が傷つきます。

皮膚を損傷して出血することもあります。

 

●埋没毛

基本的に埋もれ毛(埋没毛)の原因は、ムダ毛の自己処理により、皮膚が傷つき、毛穴がふさがってしまう事で起こります。

仮に出血するまでの傷でなくとも、皮膚が傷を負った時は その皮膚が再生するために患部を塞ぎます。

毛抜きや家庭用脱毛器で強く毛を引っ張ると、途中で毛が切れるだけでなく、皮膚が傷つき炎症を起こす事でかさぶたが出来ます。

このかさぶたで毛穴と表皮が塞がってしまい、次に生えてくる毛が 表皮の上に出てこれなくなり、皮膚の中で毛が埋もれてしまうのです。
つまり埋没毛となります。

表皮の下に丸まった毛があったり、毛穴が黒くプツプツしたいりする症状です。

 

●毛嚢炎

毛抜きを行うことでこの毛包部分が傷ついてしまうことがあり、そこに菌が付着することで毛嚢炎になります。

毛嚢炎(毛包炎)とは、小さく赤いブツブツが現れる皮膚の病気です。

見た目はニキビのような状態で、1つの毛包に生じる場合と多くの毛包に生じる場合とがあります。

毛嚢炎は毛包にブドウ球菌が感染することで起こりますが、多くの場合は細菌がどこから侵入するのかわかりません。

毛嚢炎を引き起こす菌はブトウ球菌、特に黄色ブドウ球菌がその原因になりますが、この菌は常在菌として普段我々の肌に住んでいるものです。

 

軽度の場合は赤みがなく、痛みやかゆみはほとんど感じません。

重度の場合は炎症を起こして痛みをともなうことがあります。

 

●色素沈着

更に傷ついた皮膚に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着の原因となります。

また、毛穴が傷つくとは、皮膚は外的なダメージだと とらえてしまい以前より毛が太くなったり、
同じ毛穴から2本以上の毛が生えてきたりします。

 

毛抜きを使ったムダ毛処理は様々な危険性を秘めているんです。

 

 

如何すれば白髪を黒髪に戻せるか?

簡単です。

成長ホルモンを増やせばよい。

成長ホルモンを増やすのが、簡単ではないので、実は簡単ではありませんね。

「簡単です」は、嘘です。

しかし、努力すれば、黒髪を手にすることが出来ます。

詳しくは、こちらの記事を参照ください。

 

1.白髪改善と断食

2.1日断食で黒髪に戻す

3932total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA