精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

日本人と欧米人のハゲ比率

世界のハゲ・薄げの割合って

今の日本人のはげ・薄毛の割合は25%以上4人に1人以上と言われています。

年代別の割合は、

・20代 約5~8% ・30代 約11~14% ・40代 約30~35% ・50代 約43~45% ・60代 約50~52%

注目してほしいところは20代~30代でほぼ倍、 さらに30代~40代でもその割合は倍に膨れ上がりますね。

あくまで推定にはなりますが、はげ・薄毛に悩む男女は ・男性 1200万人以上 ・女性 600~1000万人以上 と言われています。

2009年にアデランスより発表された「世界21カ国の成人男性薄毛率」というものがあります。

1位がチェコですがなんと薄毛率が42.8%

2位がスペイン 42.6%

3位がドイツ 41.2%

日本は、14位ですが、欧米諸国が上位を占め、日本は、アジアの中では、トップです

食文化が関係しているのではないかとも言われていますが、確かな証拠はありません。

遺伝的なものはあるでしょう。

欧米人のセックスの回数は、年約200回、一方日本人は、年50回程度と言われますから、欧米人の方が男性ホルモンの量が高いのですが、ハゲが多いのは、不思議です。

人種別男性ホルモンの量は、

黒人>白人>黄色人 の順番です。

欧米人にハゲが多いのは、ハゲになる男性ホルモン下限値が8.5pg/mlより高いのだろう。

男性ホルモン濃度とハゲが直接関係しているなら、黒人にハゲは少ないはず。

確かに黒人にハゲは少ない。

それでは、白人にハゲが多いのは、何故なのか?

ハゲの多い順番を人種グループごとに比較すると

コーカソイド>アボリジニ>アジアのモンゴロイド>ネグロイド>インディアン・イヌイット

インディアンやイヌイットには、そもそもハゲ自体が存在しません。

 

どうやら、DHTが生成される原因が、男性ホルモンの濃度の絶対値ではない。

何か、他にも着眼すべき点だある。

 

 

ハゲ遺伝子は、ネアンデルタール人から受け継いだ

こんな仮説を立ててみた。

 

黒人にAGAはあるのか。

ネアンデルタール人から受け継がれた情報だとすると、

黒人には、ハゲ遺伝子情報がないはず。

 

今後の研究課題だ。

 

 

 

3358total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA