精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

ハゲになるメカニズム

ハゲになるフロー

hormone

図からわかるとおり、5αリダクターゼとテストステロンが結合して、DHTが生成されます。このDHTと受容体が結びつくことで、TGF-βと言うタンパク質が生成されます。

このTGF-βタンパク質が髪の毛を作り出す細胞の働きを妨害し、脱毛命令を出します。

その結果、髪の毛が休止状態に入ったり、新しい毛が生えなくなったりするので、髪の毛の密度が減り、薄毛(AGA)になります。

● 5αリダクターゼ還元酵素の活性遺伝子

この5αリダクターゼ還元酵素の活性が高ければ、薄毛になりやすくなります。この遺伝子は、優性遺伝子で、両親のどちらからも受け継がれます。

● DHTの受容体遺伝子

この受容体が活性であれば、薄毛になりやすくなります。この遺伝子は、X遺伝子上にあり、母方から受け継がれます。

5αリダクターゼ還元酵素の活性は、優性遺伝子ですので、ほとんどの人が持っていると思われます。ですから、母方からのこちらの遺伝子の方が、ハゲの決定的な要因と言えます。

 

図に示すようにテストステロン、5αリダクターゼ、DHT受容体の3つの要素が関係しています。どれか一つでも抑制されるとハゲを防止することが出来ます。

5αリダクターゼを抑制したのが、フィンペシアやデュタプロスなどの医薬品ですが、副作用があります。

受容体の遺伝子は、今は変えられないので仕方ありません。

ですから、テストストロンを増やして、5αリダクターゼを抑制し、その結果、DHTの生成を抑制するのが、ベストの方法であると私は、考えます。

テストストロンを増やせば、DHTの生成を抑えられます。

2486total visits,3visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA