精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

ハゲの遺伝子は母方から?

AGAハゲの受容体の遺伝子は母方

この情報は遺伝子の研究者から提供されている。

男性ホルモンが減少すると、それを補うためにDHTが作られるからといって
それで絶対にハゲるというわけでもありません。

なかにはDHTがたくさん生成されてもハゲない人もいますし、
逆にDHTがちょっとしかないのにハゲる人もいます。

ということは?

勘のいい人ならもうお気づきかと思いますが、
ようは、このDHTの影響を受けやすいか否か?

頭皮にはジヒドロテストステロンに反応する受容体があるのですが、その感度は親から受け継ぐDNAによって決まるらしい。

遺伝子医学の第一人者、橋本康弘さんの著書、「薄毛、気になりますか?」での発表によると、男性ホルモン受容体の感度を決める遺伝子は性染色体のX染色体に位置しているという事が判明しています。

X染色体は母親から受け継ぎますので、薄毛になり易いか否かは、母方からの遺伝で決まります。

つまり、母方の兄弟に若ハゲがいれば、自分の頭皮の男性ホルモン受容体の感度が強いという事。

父親がハゲであることには、関係していません。

感度が低いと、ジヒドロテストステロンが生成されても、その影響を受け辛いので髪の毛は太いまま保たれますが、感度が強いとモロに影響を受け、ヘアサイクルが乱れてしまうのです。

人によって薄毛の進み方が違うのは、この受容体の感度を決定する遺伝子が大きく関係していると言われています。

 

 

 

 

この「感受性」という部分が遺伝で決まるわけです。

しかし、これはハゲ易さの遺伝子であり、必ずハゲになる遺伝子ではない。

ですから、母方の兄弟やそのおばあちゃん兄弟などにハゲがいたとしても、必ずハゲになる訳ではない。

 

遺伝子を変えることは、今はできない。

 

しかし、男性ホルモンを増加して、DHTを抑制することにより、禿げを防止できます。

このことにより、前立腺肥大の防止や、やる気などのエネルギーや性欲も増加するのですから、一石何鳥です。

こんな良いことはありませんね。

 

 

遺伝子学はAGAの研究と同じく、近年大きな進歩を遂げています。

以前は分からなかった事が分子レベルで解析される様になりました。

2005年にフランスのボン大学の研究チームが、薄毛と遺伝に関して革新的な発見したと、米雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス(American Journal of Human Genetics)が発表しました。

その内容としては、

ハゲる人のX染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体・遺伝子に変異が見られる

というものです。

簡単に言い換えると、『薄毛にならない人となる人を比べると、X染色体にあるアンドロゲンの受容体に大きな違いがあり、この違いこそが薄毛遺伝子である可能性が高い。』となります。

男性においては、薄毛遺伝子は父親から遺伝するのではなく、母親から遺伝することになります。なぜなら、男性におけるX染色体の提供者は母親だけだからです。

1654total visits,2visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA