精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

男性ホルモンの種類

男性ホルモンは、アンドロゲン(androgen)とも呼ばれるステロイド・ホルモンです。

男性ホルモンには、以下のような種類があります。

テストストロン(HT)

ジヒドロテストステロン(DHT)——– AGA(男性型脱毛症)の原因

デヒドロエピアンドロストロン(DHEA)

アンドロステロン

アンドロステンジオン(androstenedione)

エピアンドロステロン

日本人の正常値は、以下のように言われています。

男 性 女 性
総テストステロン
血清テストステロン
2.01~7.50 ng/ml 0.06~0.86 ng/ml
フリー・テストステロン
遊離型テストステロン
8.5~27.9 pg/ml
(20~29歳)
2.7 pg/ml以下
(20~29歳)
DHT
ジヒドロテストステロン
0.20~1.00 ng/ml 0.05~0.30 ng/ml
アンドロステンジオン 1.2~2.5 ng/ml
(20~29歳)
1.1~3.9 ng/ml
(20~29歳)
アンドロステロン 0.18~0.91 ng/ml 0.14~1.03 ng/ml
尿中テストステロン 13~160 ㎍/day 2~47 ㎍/day

血中のテストステロンの多くはSHBGと呼ばれる物質と結合して活性がなく、体内で実際に作用するのはフリー・テストステロン(遊離型テストステロン)です。
また、症状との相関も総テストステロン値よりフリー・テストステロン値の方が明らかなので、フリー・テストステロンの測定値が重要です。
日本人男性の遊離型テストステロン(フリー・テストステロン)値は、8.5pg/ml が正常値の下限とされており、11.8pg/ml未満までは、ボーダーライン(男性ホルモン低下傾向群)とされていますいます(加齢男性性腺機能低下症候群 – LOH症候群)。
遊離型テストステロン値が8.5pg/ml よりも低い日本人男性は「男性ホルモンが低すぎる人」で、8.5~11.8pg/ml の日本人男性は、「男性ホルモンが低めの人」と言えましょう。

70歳代の平均値は、8.5pg/mlまで下がっており、これに呼応してハゲの人が増えてきます。

この値には、個人差がかなり大きく、80歳代でも40代と変わらない男性ホルモンがある人もいます。

一方、20歳代の人でも8.5pg/ml以下の人が稀に居られ、その人達が若禿になっていると思われます。

3187total visits,6visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA