精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

テストステロンと髪の関係

ここでは、テストステロン(男性ホルモン)の関係について述べたい。

テストステロンが減少すると、それを補うためにDHTが生成される。

つまり、AGAの原因であるDHTは、テストストロンが減少した結果である。

故に、根本的にハゲを解決するためには、テストステロンの増加すれば良いという結論に至った。

テストステロンの量は、人により格差がある。

80歳でも20歳代の平均値以上のテストステロンを分泌している人もいるので、年だからと諦める必要は全くない。

加齢によるテストステロンの減少についての調査結果を見てみよう。

男性更年期障害は、加齢による男性ホルモンの減少が原因の一つと考えられています。

男性ホルモンが年齢とともに変化することを示していますが、20代をピークとして減り続けていきます。

 

男性ホルモンを増加させるには:

★運動

運動を続ければ、脳や血管機能に関わるテストステロンやDHEAが増えることが近年の研究で分かっています。

★ホルモンの補充

ホルモンの補充のひとつがメチルテストステロンです。

これを体内に採り入れることで男性ホルモンが補充され、男性更年期障害による各種の症状が軽減されます。

そして、もう一つ注目したいのは、男女共通の性ホルモン「DHEA*です。

女性は閉経によって女性ホルモンが著しく減少しますが、副腎皮質でつくられるDHEAが、男女のホルモン力を補う働きをします。

性ホルモンは、いわば“若々しさと健康の基本”

もしも心身の老化を感じるような時は、性ホルモンの分泌量が落ちていると考えてよいかもしれません。

2383total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA