根本的AGA治療

目次

  1. AGAを治すには
    1. 男性ホルモン(テストステロン)の減少

AGAを治すには

殆どの人がAGA(男性型脱毛症)が男性ホルモンによって引き起こされることは、知っていると思う。

何故なら、AGAは男性だけのものであり、女性にそのような状態が見られないから

男性特有のものだろうと誰もが想像できるからだ。

男性特有の現象だとすると、男性ホルモンが関係していると考えるのが自然である。

事実、その通りである。

男性ホルモンの中のジヒドロテストステロン(DHT)といホルモンが関係している。

しかしながら、非常に困ったことに、多くの人が男性ホルモンが多いから禿げるのだと誤解している。

事実は、全くの逆で、男性ホルモンが少なくなったから禿げるのです。

先ず、この誤解を解いてもらいたい。

若禿げなどという言葉があるが、禿げは明らかに老人に多い。

若禿げはそもそも珍しいから、からかわれる。

ほとんど、高齢になると禿げるのです。

高齢になるほど、男性ホルモンが多くなるということは、通常、ありません。

男性ホルモンも、他のホルモンと同様に年を重ねる毎に減少していきます。

すなわち、男性ホルモンが減少した老人が禿げているのです。

今迄、男性ホルモンが多くて禿げると言う認識を持っていたのなら、心底から

この機会に改めて下さい。

この認識が間違っていては、禿げに対する適切な処置はできません。

男性ホルモンが減少したから、はげるのです。

 

男性ホルモン(テストステロン)の減少

男性ホルモンには、5種類くらいありますが、その内のテストステロンが、一番男としての大きな役割を担っています。

そして、このテストステロンは、他のホルモンと同様に年齢と共に減少していきます。

その減少の度合いは、大きな個人差があります。

80歳以上でも40歳の平均値以上という人もいます。

そして、このテストステロンが減少すると、それを補うために更に強力な男性ホルモンであるDHTに、テストストロンを変えようする働きが生じます。

そうです。

そして、このDHT(ジヒドロテストステロン)がAGA(男性型脱毛症)を誘発するのです。

つまり、テストステロンが沢山あれば、ジヒドロテストステロンは生成されず、AGAにはならないと言う事です。

384total visits,2visits today