精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

男が女性ホルモンを増やす方法

目次

  1. 男にも女性ホルモンは必要
  2. 男の女性ホルモンの増やし方
    1. 精巣での女性ホルモン生成は微量
    2. 男性の主な女性ホルモン生成場所は、副腎皮質
    3. 副腎皮質の活性化する必要がある
    4. その他の増やし方

男にも女性ホルモンは必要

髪の太さは女性ホルモンが関係している。

女性ホルモンが多ければ、髪は太くなり、寿命は延び、艶も良くなります。

従って、ハゲ、薄毛防止には、男も女性ホルモンの分泌をしっかりしなければなりません。

 

女性は卵巣で女性ホルモンが作られますが、男にはその卵巣がありません。

では、どのように男性は女性ホルモンを産生しているのでしょうか。

 

男の女性ホルモンの増やし方

男が女性ホルモンを作る場所は、主に精巣と副腎皮質になります。

精巣よりも副腎皮質で作られる女性ホルモンが多いようです。

脂肪細胞内でも産生しますが、極々僅かです。

 

精巣での女性ホルモン生成は微量

精巣で生成される女性ホルモンは微量です。

最近の研究結果では、女性ホルモンの受容体が精巣にもあることが分かりました。

精巣においても、女性ホルモンは必要不可欠なのですね。

精巣における女性ホルモン生成工程は、男性ホルモンであるテストステロンから変化して、エストロゲン(女性ホルモン)になる工程です。

男性ホルモンは、エストロゲンになる前段階の物質として必要です。

ですが、男性ホルモンが増えれば、女性ホルモンも相対的に増えると言う単純なものではないようです。

 

男性の主な女性ホルモン生成場所は、副腎皮質

女性は、卵巣と副腎皮質で女性ホルモンを生成していますが、男性には卵巣がないので、

男の場合、主に副腎皮質で女性ホルモンは生成されています。

私は、オカマになるつもりはありませんから、いくら女性ホルモンが欲しいと思っても

女性ホルモン注射はしません。

 

髪を豊かにするために多量の女性ホルモンを分泌する必要はないのです。

もっとも、副腎皮質から多量の女性ホルモンを分泌することは、できないようです。

 

太く、艶がある、頑強な髪が頭に欲しいだけです。

それには、どうしてもある程度の女性ホルモンが必要です。

 

そのためには、副腎皮質の活性化が不可欠です。

 

副腎皮質の活性化する必要がある

繰り返しますが、副腎皮質は、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモンによって、活性化されます。

つまり、脳の指令によって副腎皮質ホルモンは分泌されるのです。

 

女性的な優しさ、穏やかさを身に付ければ、男も女性ホルモンが自然と増えるのだろうか。

薔薇の香りアロマなどで、女性ホルモンの分泌が促されるという話があるが、まんざら嘘でもないかも知れません。

 

カリカリ怒って、頭から湯気を出している図は、ハゲ親父のイメージですが、そんな性格がハゲを助長しているのかも。

なんて、思ってしまったりもします。

 

まあ、優しい、穏やかな性格は、嫌いではないので、強い意志や闘争本能は失わずに、優しい気持ちでいたいと思います。

 

その他の増やし方

食事療法や、睡眠、ツボ押しなどがあげられます。

どれも、決定打にはなりそうもありません。

 

食事療法は、女性ホルモンと類似した女性ホルモンの役割を代替するものを摂取します。

代表的なものが、大豆イソフラボンやキャベツのボロンです。

それらの、擬似女性ホルモンが男の、艶のある太い髪の育毛にどれだけ寄与するかは疑問です。

私は、効果はないのではと思っています。

所詮、受容体がなければ何の効果も発揮しません。

 

ツボ押しもどうでしょうか。

体の活性化には役立つと思いますが、女性ホルモンの増強という特定の機能を活性化することは難しいと思います。

 

今のところ、良い方法は分からないと言うのが、私の結論でしょうか。

唯一、女性ホルモンの分泌のために、こころ穏やかに、ハッピーに暮らすことを心がけたいと思います。

 

3476total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA