精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

ハゲは治るのか

勿論、治るに決まってる

科学の進歩は、AGAハゲの原理を明らかにしてきました。

ここまで、分かってきた現在、ハゲを治せない訳がないのです。

ご安心ください。

ハゲは治ります。

 

ハゲの治し方

ハゲの治し方には、いくつかの方法があります。

① フィンペシア、ミノキシジルを飲む

② 男性ホルモンの分泌を促進する。

③ FGF-5S タンパク質を塗布する。

④ FSF-5タンパク質ができないように遺伝子操作をする。

などです。

私は、②だけを強く推奨します。

 

育毛剤に興味をもっている人には、①が一番馴染みが深いと思います。

一番結果がでるハゲ対策だと言われています。

確かに、毛は生えてきます。

 

しかし、危険な副作用があります。

精力減退、精子減少、性欲減退などが起こります。

男らしさ、やる気を失うことにもなりかねません。

更に、肝機能障害のリスクもあります。

 

ミノキシジルを飲むのは、危険な臭いがします。

 

何故②なのか

AGAハゲになるメカニズムは、

1、男性ホルモンが減少する。

2、少なくなった男性ホルモンの補うために5倍以上強力なジヒドロテストステロン(DHT)を生成する。

3、DHTと5αリダクターゼがいっしょになって、TGF-βといタンパク質が生成され、そのタンパク質がFGF-5という脱毛因子タンパク質を誘導し、その結果AGAとなる。

つまり、1番を解決すれば、全てが解決されることが分かるでしょう。

 

そして、それは、身体に良いことなのです。

絶対に、人生楽しいじゃないですか。

 

1012total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA