精力絶倫

性欲が強いからハゲると信じている人がいる。アホだな。もしそれが真実ならば、性欲の塊、10代男はハゲばかりのはず。実際は、弱くなった老人が禿げている。

ポリフェノールって何?

フェノールが複数結合している分子

ポリフェノール(polyphenol)は、ポリ(複数の)フェノールという意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称。

ほとんどの植物に含有され、その数は5,000種以上に及ぶ。
光合成によってできる植物の色素や苦味の成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持つ。

ポリフェノールは、動物には存在しない。

「フラボノール(フラボノイド)」「カテキン」「タンニン」「イソフラボン」など、名前だけでも聞いたことがあると思いますが、これらは全てポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは共通する効果を持っている。

ポリフェノールが共通して持っている効果」について紹介します。

ポリフェノールの主な効果

1.活性酸素(抗酸化作用)の除去

活性酸素という老化物質は、ことあるごとに体内で発生しています。”ことあるごとに”というのは例えば、たばこを吸ったり、排気ガスを吸ったり、紫外線を浴びたり、食品添加物を摂取したり・・・

つまり、いろいろな条件で発生します。体に有害物質が侵入すると白血球が撃退しますが、その時に発生するのが活性酸素であり、これは老化の原因のひとつです。

その活性酸素を除去する効果が、ポリフェノールにはある。

2.殺菌作用

ポリフェノールには、体内の有害物質を撃退する「殺菌作用」があると言われています。殺菌作用によって、ニキビ肌荒れを抑えることができるそうです。

3.血糖値や血圧値の正常化

ポリフェノールが豊富に含まれる「チョコレート」を使った実験結果があります。被験者に一日に100gのチョコレートを食べてもらった結果、血管が拡がり、血管のつまりや圧迫を抑え、高血圧が改善されたそうです。

ただし、チョコレートの食べ過ぎはカロリーの摂り過ぎとなってしまうため、注意しましょう。

ですから、黒しょうがに含まれるポリフェノールは、ももちろん血圧値の正常化というような効果があります。

4.メタボ解消

ダイエット目的で運動する場合「最低でも20分以上は続ける必要がある」などと言われていますが、これは、運動始めの20分は、体内の糖質(グリコーゲン)が燃料となって筋肉を動かしているだけであり、脂肪燃焼には効果が無いためです。

ポリフェノールをマウスに投与し続けた結果、特に運動をしていない平常時でも燃焼効率が上がり、運動時は、脂肪がエネルギーとして消費されやすくなることが分かりました。

つまり、ポリフェノールを摂取し続けると、通常通りの運動量でも脂肪燃焼に働きかけるということです。

5.長生きにも効果的!

血管を拡げる脂肪を燃焼するなどの効果により、現代病である心臓疾患のリスクが軽減しますし、老化物質である「活性酸素」を抑制し、若さを保つなどの効果を含めると、ポリフェノールは長寿の秘訣と捉えることもできます。

ポリフェノールには、このような効果効能があると言われています。

どの程度の真実性かは、良く分かりません。

また、他にもいろいろな効能があるでしょうが、現在の学問では、まだ、分かっていないということでしょう。

5063total visits,1visits today

2 件のコメント

  • 大変興味深い内容で正直驚いています。
    黒しょうがが育毛によいメカニズムは大変よくわかりました。
    では、フィンペシアを飲みながら黒しょうがを摂取すると、いったいどうなるのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA